ジャックラッセルテリア・Bonchoco Talk

アクセスカウンタ

zoom RSS VSねこ君

<<   作成日時 : 2012/03/10 13:41   >>

トラックバック 0 / コメント 10

猫君は犬に比べればかなり自由。勝手気ままにその辺を闊歩してる。
ボンショコの家の車に足跡残ってるし、玄関マットで昼寝してる仔もいたり。。。
ちょっとボンショコ君、猫君にそんなことさせないで〜
といつもお小言ととばっちりがボンショコに向かう。

『う〜とボンショコが目いっぱいのおどしをかけても

所詮、家の中からでは、自由な猫君には効き目がないね。

というわけで、ボンショコにとっては猫君はもはや

友好関係を持ちがたい相手である。


さて、今日もお散歩。

今年の梅の開花は例年より20日も遅れているそうだ。

画像

3月8日の梅の様子@

画像

3月8日の梅の様子A

梅の花を楽しみながら歩いていると、前方に影。

あれって、ねこ君じゃない?

いきなりぐんぐん引っ張るボンショコ。

ねこ君、こちらを見てるけど、逃げない。

画像

火花を飛ばすねこ君とボンショコ。

画像

すごい力でリードを引っ張るボンショコ。

じりじりとねこ君に近寄る。

画像

こんなに接近しても逃げないねこ君。

画像

結局最後、ねこ君は逃げて道路を渡って行ってしまった。

繋がれたボンショコは手も足も出ない。


自分が自由なのを知っているねこ君は余裕なのである







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
本当に猫君って逃げないですよね〜
ボンショコちゃんのしっぽが下がっているのに思わず笑ってしまいました。
我が家のおふたりさんは、逃げる猫は追いかけますが、逃げない猫には、へっぴり腰でウゥ〜と言いつつ自分が逃げます(笑)
梅きれいですね〜
すごく暖かいと思えば、急に寒くなったりで、
着るものに困ります
もこりん母さん
2012/03/10 22:47
もこりん母さん、コメント&気持ち玉ありがとう。
猫君、頭いいですよね。犬が繋がれていれば自分の身に危害は及ばないと知ってるのですね。
それがちょっと悔しいというか。。。。
(猫の嫌いな植物を置いたり、棘棘を置いたり、いろいろしても、うちにやってくる猫を阻止できない日頃の鬱憤がある私なので。。。)
お二人さんは逃げるのですか。逃げるが勝と知っているお二人さんもかしこいです。
ボンショコはもっと小さい時、猫君とバトルって引っ掻かれたのに、向っていくとは
結局今年の冬は寒かったのですね。春よこいです
Bonchoco
2012/03/11 11:51
我が家にも写真と似た野良ちゃんが縁側で日向ぼっこしてます。散歩道にはワサオ犬がいてカピバラのように動きません。とてもキュートなわんちゃんです。庭の梅の花も今がさかりなり。ようやく春ですね。      さて今宵の西の空ひときは明るい金星、隣には木星。日々この二つの星の位置の動きがとてもダイナミックでおもしろいです。ふと夜空を見上げ宇宙に思いをはせるのもいいですよ。
 追伸 映画はやぶさはどの役者さんも素敵でした。はやぶさ2の活躍もたのしみです。

トム
2012/03/15 08:58
トムさん、コメントありがとう。
梅の花、だいぶ見ごろになってきましたね。
トムさんのお庭は四季折々の植物があり、次から次へと楽しみですね(キンカン思い出しました)。
猫君は結局自由なのですよね。私は車のボンネットに足跡つけられて怒ってるのですが。。。

そういえば、トムさん星少女でしたね。私はさほどでもないですが、最近プラネタリウムに立て続けに2回行きました。最初のはとにかく、何を上映していたか忘れ。。。つまり夢の中へ。で、リベンジと思い2回目は別なところで見ましたが、ここでは隣に座った娘につつかれっぱなし。。。 私には結局、プラ寝たリウムでした プラネタリウムで今見える星の解説があり、昨夜ちょうど娘とおさらいのように、金星と木星を確認したところでした
Bonchoco
2012/03/15 10:22
猫と愛犬…うちの旦那さんがやたら仕掛けたがるんですよ。大胆な元犬・チャンスはもちろん、臆病者のピースでさえ、猫には積極的なんですよ。ボンショコちゃんと一緒ですね。
我が家では、実はピースを飼う前に、猫と犬と両方を飼いたいという話をしていました。でももし片方しか飼えないとなったらどっちがいいか…両方とも犬でした。その夢は捨てていなかったんですが、やっぱりテリアは本能的に猫を追いたがりますよね。諦めモードです…。
ところで、梅、素敵ですね♪梅の枝っぷり、花、大好きなんです。素敵な写真から春の訪れを感じました。
emi
2012/03/16 02:12
emiさん、コメント&気持ち玉ありがとう。
昔は猫も犬と同じくらい好きでしたが、実家の庭に近所の猫が遊びに来るなどなかったことでした。今住んでいるところではしょっちゅうです。玄関マットが特に好きなようで昼寝したりしてます。一方で絶対に外に出さずに猫を家の中のみで飼っている方もいます。放し飼いは猫の習性上仕方のないことなのかよくわかりませんが、せめて寒い日の夜や雨の日くらいは家に入れてあげたら。。。と思います。昔の家のように猫の出入りが自由にはなっていない家の仔なのでしょう(写真の仔ではないです)。あっ、話がそれぎみになってしまいましたが、そ、今の私は猫に好感を抱けなくなってます。
なのでボンショコにも伝わっていたのかなと思いましたが、元々の本能でしたね  以前のブログでも猫との対峙を取り上げたことがありますが、こちらもつい、力が入ってしまいます
梅の花も毎年のことで、去年も同じ場所で撮影した写真を掲載しました。きれいな景色や花が好きなのですが、四季を感じるということを最近特に意識しています。春の訪れを感じていただけたなら、大変嬉しいです
Bonchoco
2012/03/16 07:26
猫ちゃんの飼い方については、実は結構日々考えているんですよ〜。確かに放し飼いは古くからの習慣ですが、最近はそれによる’負’の効果も話題にあがることが増えましたね。公道での餌やりによる糞尿の問題や、猫ちゃん同士で拡がる伝染病、急な病気や怪我で病院に連れてくる人は飼い主じゃないし誰が飼い主かわからない状況…とか。地域のみんなで責任をもって面倒みる’地域猫’なんかを見ると気持ちが明るくなりますけどね。
猫ちゃんと人が仲よくやるにはどうすればいいんだろうな〜なんて、近所のノラちゃんを見ては、結構真面目に考えていたりするんですよ。しかし、雨や寒い日の猫ちゃんの状況には目が向いていませんでした。勉強になりました!
そうそう、梅の花、今日、実家の近所で見かけまして、Bonchocoさんの写真をふと思い出しました。景色で四季を感じる…四季のある日本っていいな〜と思いますよね。Bonchocoさんのブログきっかけで季節の移り変わりを意識することが度々あります。今後も楽しみにしています。
emi
2012/03/17 02:27
emiさん、コメントありがとう。
『地域猫』というのがあるのですね。初めて聞く言葉です。飼い主が責任持って云々といっても、放し飼いの猫君の場合はどこまで出向いているか、すべての飼い主さんが把握しているわけではないでしょうし、そういった飼い方も一つの方法ですね。近所隣がすべて知っている人である昔からの居住地は、どこの家の猫か周囲で知っており、自然と“地域猫”となっていた(いる)のかもしれません。今はそうではない所が多くなっていますね。人間が生態を管理している犬とは勝手が違うということですね(トルコの犬は猫と同様にかなり自由なようですが(予防接種などはしているらしいですが))。
猫君は、のらちゃんかなと思っていると違ったり、難しいです
いつもいろいろなことに真面目に、深く取り組んでいらっしゃるemiさん、こちらこそ、そうしたemiさんのブログやコメントからいろいろなことを考えたり、教わったりしています。こちらこそ、今後ともよろしくです
Bonchoco
2012/03/17 23:00
返信のコメント、大事に読みました。
で、しつこくすみません…動物と茶に関しては関心が深く、色々考えてしまうのですが、それ以外は結構うとい私です。’地域猫’は、団体で猫を飼うような取組のようです。最近は個人的に餌やりはするけどフンの始末や病気の治療は誰かに任せる…そんな状況も多く見られます(うちの近所はそうなんですよ)。Bonchocoさんのおっしゃるように昔は、みんなが可愛がり、面倒なこともみんなで共有してきたんでしょうね…そういうのってなんだかいいですよね〜♪
emi
2012/03/19 01:04
emiさん、お返事ありがとうございます。
いいとこ取りの人は多くいますね。そのような人が多いと“地域猫”は難しいですよね。飼い主さん一人ひとりがまず、ちょっと考えてほしいなと思います。餌をあげて、あとはほったらかしではうまくいかない家の造りであることや、自分の日々の生活の中でのかかわれる時間など。猫側に立った猫君の気持ち(家に入りたいけど入れないよ〜など)も含め。
ではもし、“地域猫”というのが本当に発足されたとしたら、私が協力するか、自問自答すると、雨宿りや寒い日の宿の提供はご遠慮したいと思ってますので、そういったいくつかの点が解決するなら、考えます。けれど、まずは飼い主さんの意識改革でしょうか。結局、人間が良好なコミュニケーションを取れていないからということなのでしょう(という所に至ってしまいました)。家の近所では、自治会として“区会”というのがありますが、順番で回ってくる班長や回覧板を廻すのが煩わしい割に、入会しているメリットがないなど、やめていく人が多く、新規に入る世帯もほとんどないという状況です。市の広報も区会を通しての配布はとっくになくなり、直接配布やメルマガになり、区会の回覧から得る必要な情報も少なくなりました(なくても生きていけるのです)。話がそれてしまいました。がこうして整理していくと、やはり人間の意識によって動物(この場合、飼っている動物)の生活が左右されてしまうということですね。人間のコミュニケーションがうまくいっていれば、猫君も(犬も)幸せということですね
Bonchoco
2012/03/19 07:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
VSねこ君 ジャックラッセルテリア・Bonchoco Talk/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる