ジャックラッセルテリア・Bonchoco Talk

アクセスカウンタ

zoom RSS おかえり,ただいま〜;退院しました

<<   作成日時 : 2010/10/10 02:01   >>

トラックバック 0 / コメント 4

おかえりただいま,ボンショコじょ

やっと,退院できまちた


今日こそは,と

期待を込めて電話すると,

今日は,いいウンチがたくさんでました。検査したらウイルスは陰性でしたよ。

今日,連れて帰っていいですよ。


と,先生。


やった〜


ボンショコ家では花火が打ちあがりました(という気持ち)


早速,家の準備を点検

おニューのベット,トイレセット,おもちゃなどはタグを取ったり,セットアップして,

ロープは端の始末をして,

水は新しいペットボトルを新しい口にセットして,

食器も熱湯消毒。

初めてお家に来る仔をお迎えするみたい。。。。


ぱぱとままでいざ,病院へ。。。


診察の患者さんが終わるのをまって,

まず,先生のお話から。

先ほどのお電話での内容+キッドの結果を見せていただきました。

ネットで調べると,実はあの薬が効くっていう情報が出てきて,ボンショコもその薬使ったのかなと

気になってましたので,お薬は,何を使ったのですかと質問しました。


そう,タミフルなんですよ,と先生。


吐く症状があっても,とにかく飲ませて,口内の粘膜に接触させるだけでもいいから

とにかく,少しでも体内に入るようにするそうです。


インターフェロンも以前は使っていたそうですが,タミフルのほうが効くそうです。

価格もタミフルのほうが安価だそうです。


犬パルボウイルスは,ワクチンを接種しても,発症するケースはあって,

医療が発達し,良薬がどんどん開発される中で,なかなか根絶できない感染症の一つだそうです。

結構,亡くなるケースもあって,血便が出て,腸内のただれがひどくなってしまうと

助かりにくいそうです。

ボンショコもちょっと危なかったぎりぎり,って。

6日間も食べなかったけど,ボンショコ自身の体力があったからよかったのだと。

(だてにおデブではなかったね,ボンショコ


結構体重が減ったのではないかと,測定をしましょうということで,

ここで本人を,看護師さんが連れてきました。。。。


うっひゃ〜

はっひー

とか,本人興奮してままのほうに来るって頑張っちゃって,

飛び移ってきてしまい(本当に,ここで置いてかれては大変,と必死な感じで)

体重測定はできませんでした


ままにいい仔いい仔された後,ボンショコはおさるさんのように,ぱぱに飛び移っていきました


先生方,看護師さんのみなさん,ほんと,大変お世話になりました。

1週間,ありがとうございました




画像

プープー鳴るぬいぐるみドーナツで遊ぶボンショコ
ちょっとやせたね。

画像

制覇したじょ
(10分くらいはもったかな。。。


お家に帰ったら早速,ロープ遊びとボール遊びね。

もっと甘えるのかな,と思ったら,そうでもなかった。

というか,毎日,覗きにきてたくせに,連れて帰らなかったと,

不信感持ってたらどうしよう


気になる入院費ですが,お電話したときに,伺いました。

いろいろ処置をしたので,かさんでしまったということで,


6泊の入院料+投薬+処置=55,750円




Bonchoco Talkを見てくださり,ご心配してくださった皆様,ありがとうございました。


最初,この感染症とわかって,どんな病気かを確認してから,消毒を真っ先に行い,

使用していたおもちゃやベット,トイレセットなどを処分しなくてはならないとなったとき,

その行為をしたら,そのまま,永久に,それらのものが不必要になってしまうのではないかと,

ボンショコ喪失の妄想に駆られ,消毒や処分に手がつけられませんでした。

ブログも,ボンショコが入院している間は,本人が不在なわけだから,お休みしなくちゃ,

と思いました。でも,普段より多くの方がブログを見てくださったことから,

ボンショコの様態を更新していきました。ブログにボンショコのことを書き重ねていくことは

自分自身への励ましとなっていたように思います。

お付き合いくださり,ありがとうございました。








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
おかえり〜
ホント良かったですね

うちの2ワンは病気に全くかからないので、こういった心配はしたことが無いのですが、
一日離れているだけでも寂しい位だから、ご家族もボンショコ自身も寂しかったろうね。

いっぱい、いい仔いい仔してあげて下さいね。

hanamama
2010/10/10 12:53
hanamamaさん,コメントありがとうございます。ボンショコにとってまず,いつものところにいつものものがあり,いつもの人がいる生活に戻れたことが何よりでしょう。
そして,家族にとっても,いつものワンワンがいる,これまでと変わらない生活に戻れたことが,何よりです。
それにしても,ちょっと雰囲気変わったような。。。。甘えなくなったような気がするのは
気のせいかしら。。。。
Bonchoco
2010/10/10 13:42
ブログ村の新着でボンショコちゃんの入院記事を見て、
もしウチの子だったら泣きまくりだな・・・と
他人事ながらとっても気になっていました。
検査陰性&退院出来たとのこと!ホント良かったですね!
飼い主さんご家族きっととっても心配だったでしょうね。
しばらくは入院疲れなどもあるでしょうが、
そばに居られる毎日、ほんとにほんとに良かった〜。
突然のコメント失礼しました。
ぷう
2010/10/10 23:24
ぷうさん,おはようございます。
コメント,ありがとうございます。
とっても嬉しいです
入院するまでは病名も明らかになっておらず,単なる胃腸炎(にしてはなと思いながらも)と思ってました。ボンショコはいつもより元気がなく,でもぐったりするでもなく,宅急便屋さんには吠えたりしてましたから,あら元気じゃないけど元気ね,などちょっとのんきでしたね。
入院して,そして病名がわかったときからがちょっとつらかったですね。面会に行くと,しっぽを振って,後ろ足立ちで喜んでいたのですが,
思えばけなげなことで,本人,帰りたい一心で,渾身の力を振り絞っていた時期だったのでしょう。
本当に,治って良かったと思っています。
Bonchoco
2010/10/11 07:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
おかえり,ただいま〜;退院しました ジャックラッセルテリア・Bonchoco Talk/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる